お気に入りの二次会ドレスを探す|花嫁になる準備をしよう

好みの一着を見つけよう

女性

短い時間で決めます

結婚式の花嫁さんのドレスをどのようなものにするかは、結婚式の準備の一番はじめにすることです。よって、時間の余裕を持ってあれやこれや選ぶことができます。また、式のドレスは会場が広いことが多いので、ベールや裾が長いものを気にせずにチョイスすることができます。一方花嫁さんの二次会ドレスに関しては、開催直前に決めることが多いでしょう。二次会の開催自体が式の2ヶ月前くらいに決まるので、それと同時に考えていくのが一般的です。さらに二次会ドレスに関しては、二次会の会場がレストランやバーであることも多いので場所の制約がでてきます。それに伴い、裾が長いものは汚れるのでNGだったり気にしなくてはなりません。また二次会ドレスは、なるべく安く抑えたいところです。

二次会専門がよいです

そんな花嫁さんに人気なのが、二次会ドレス専門のレンタルショップです。結婚式のドレスを扱うショップより、かなり格安に提供してくれます。さらに、二次会ドレスに特化しているので、色々なデザインのものを取り扱っています。例えば、式では着られないようなポップな柄やミニスカートのドレスなどです。結婚式のドレスとはガラッと雰囲気を変えた方が二次会のカジュアルなテイストにも合いますし、花嫁さんの楽しみも増えます。レンタルする方法も簡単で、お店で試着してお気に入りの一着を探します。その後詰めてくれたりサイズを調整します。あとは、届ける会場名などを申告するだけです。終わったあとはクリーニングもいらないので、宅急便で返却します。

男性のドレスコード

ウェディング

タキシードは夕方以降の結婚式では新郎新婦の父親や主賓にあたる方が着る正礼装です。購入すると高額になる上に、着る機会は少ない衣装なのでレンタルがおすすめです。フィッティングやサイズ合わせもできるのでちょうど良いタキシードを選びましょう。

もっと読む

自分に似合うドレス

ウェディングドレス

結婚に必要なウエデイングドレスですが、体型の問題によって断念したり、諦めたりすることでしょう。その方に向けてあるのが大きいサイズのウエデイングドレスであり、これは専門店があるため、体型を気にせず選ぶことが出来ます。

もっと読む

披露宴に出席する時の服装

ドレス

披露宴のゲストドレスは時間帯によって異なります。また着る人の年齢によっても、ふさわしい服装が異なります。忙しくて買いに行かれなくてもネットレンタルなら、空いた時間に注文できます。宅配便で自宅に届き、返却も宅配便で出来るので便利です。

もっと読む